Stirlingの使用方法



1.準備するもの
 ・Stirlingそのもの
 ・解凍ツール(Lhasa等、WinRARもお薦め)
 ・現状を打破しようとする心
 ・絶え間なき向上心


2.第一段階 「ダウンロード(DL)と解凍(展開)」
  準備するものの「Stirling」と「解凍ツール」をDLしましょう
  解凍ツールの使用方法はそれぞれに付属のヘルプを参照してください
  それでも分からないときはここ


3.第二段階 「起動と操作」
  ここまでうまく行っていれば、以下のような状態になります

stir131┳ Stirling.cnt ヘルプインデックスファイル
    ┣ Stirling.exe プログラム本体
    ┣ Stirling.hlp ヘルプファイル
    ┣ Stirling.txt Readmeテキスト
    ┗ struct.def 構造体定義ファイル

  ?まず「Stirling.exe」、プログラム本体を起動します。

  ?次に新しく現れたウィンドウ(Stirling)に「eco.exe」をドラップ&ドラッグ(D&D)
    Stirling内に英数字の羅列(バイナリ)が表示されれば成功です

  ?上部メニューバーから「検索・移動(S)」→「検索(S)」の順番に操作し、検索ウィンドウを表示します
    ちなみに「Ctrl+F」でも同様の操作を行うことが可能です

  ?表示されたウィンドウ内の検索データ(F)の下部にあるバーにここある方法に沿って検索します
    検索結果から割り出された対応Addを書き換えます

※16進法の計算が出来ない人のために
  16進法とは「1.2.3.4.5.6.7.8.9.A.B.C.D.E.F」が一桁を構成します
  つまり、「1→2」だとすると「9→A」、「F→10」ということになります
  10進法とほぼ同様のやり方で解けますし、16進法計算機もあるので活用してください
  それが面倒な人は、ある一桁に着目して計算すると小学生並の方法ですが解けます
  (ex:0xD+0xF → 0xD=13、0xF=15 → 0xD+0xF=13+15=28 → 28/16=1…12、12=0xC → 28=0x1C)
  それでも面倒な人は関数電卓(calc.exe)でも使いましょう。

  以上でStirlingの最低限の使い方の説明を終わります
  分からないことを人に聞くことは確かに重要なのかもしれません
  けれど、なんでもかんでも聞くことは自分のためになりません、努力しましょう




トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-06-16 (日) 10:13:19 (1955d)